新着情報

HOME » 新着情報 » その化粧品、幹細胞はいくつ入っていますか ?

お知らせその化粧品、幹細胞はいくつ入っていますか ?

2020/7/10

Biotech Marine 社(SEPPICグループ)は、美しく豊かな海に成育する多様な海藻と、海辺に生える珍しい海浜植物の宝庫、ブルターニュ地方に拠点を構える化粧品原料メーカーです。同社では常に化粧品原料としての優れたポテンシャルをもつ新素材の探索と、その有効性を最大限に引き出すための製造方法を模索してきました。しかしながら、天然の素材を利用しているために生じる粗原料の安定確保の問題、そして、抽出する溶媒の種類によって一部の有効成分が失われてしまうことが、原料開発の上で大きな障害となっておりました。

 

Biotech Marine社は、こうした問題を解決するため、植物の分裂組織から得た細胞を未分化のまま培養・増殖させた後に、抽出工程を経ることなくフリーズドライ、通常のエキスなどでは実現不可能な高い有効性を引き出すことができる画期的技術 「セルトソームテクノロジー」を開発致しました。

 

CELTOSOMEシリーズの製造図

 

 

「セルトソームテクノロジー」により、希少な植物を収穫することなく、サステイナブル(地球環境を保全しつつ持続可能)な開発を実現可能。また、滅菌環境のため、菌汚染やコンタミネーションのリスクがなく、新鮮な幹細胞を粗原料として使用可能です。

 

既存の植物幹細胞原料では、溶媒抽出・希釈による含有成分の欠如、希薄化という懸念が存在しておりましたが、「セルトソームテクノロジー」により、素原料である植物幹細胞に存在するすべての成分(水溶性・油溶性・その他の有効成分)を含んだまま原料化が可能となりました。

 

セルトソームテクノロジーと他との比較図

 

また、100% 植物幹細胞を原料化したことから、原料中に含有している細胞数量をカウント可能です。

この情報から、処方中の幹細胞数を視覚化・数値化するようなアプローチも実現可能となりました。

(例)

CELTOSOME CRITHMUM MARITIMUMなら、1gで10億個以上

CELTOSOME ERYNGIUM MARITIMUMなら、1gで1億個以上

 

「セルトソームテクノロジー」により、植物幹細胞100%で構成されたCELTOSOMEシリーズは、ロジカルな有効性データも取得しており、ナチュラルな認証にも対応した、新世代のアンチエイジング原料です。
詳細なデータや資料・サンプルにつきましては、cosme@gsi.co.jp または〈お問い合わせページ〉からお気軽にお問い合わせください。

© GSI Creos Corporation