新着情報

HOME » 新着情報 » イブの遺伝子を保護する世界初の培養海藻細胞エキス

お知らせイブの遺伝子を保護する世界初の培養海藻細胞エキス

2021/1/29

化粧品業界でも培養技術に注目が集まっています。なぜ培養技術は注目されているのでしょうか。2015年9月の国連総会において「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が全会一致で採択されました。「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」の17の目標と169のターゲットは、国際的な目標です。今回ご紹介するEPHEMER™はRSPO対応した溶媒を抽出に使用しており、採取した粗原料を培養して製品に使用することで自然環境の保全に貢献をしております。培養技術により、ワカメを大量に収穫することなく原料の開発が行えるのです。その点でEPHEMER™はこの国際的な目標であるSDGsに関連しております。In Cosmetics 2016 in Parisでは、環境保全への貢献度が高い原料に送られるグリーンアワードを受賞しております。

 

BiotechMarine社(仏)は、海藻と海浜植物のエキスパートであり数多くのユニークな化粧品用原料を開発しています。同社では海藻細胞の培養技術実現に向けた研究を開始し、新技術「CELEBRITY™」を完成させました。CELEBRITY™はBiotechMarine社が独自に開発した最新の海藻細胞培養技術であり、従来は大量に確保することが不可能であった稀少な海藻を、細胞の状態を維持したまま培養して増やすことを可能にしています。

 

EPHEMER™は、新技術CELEBRITY™を用いて開発された最初の原料であり、世界で初めて配偶体を細胞状態のまま培養し、抽出した海藻のライフステージにおける始まりの細胞から抽出したエキスとなっています。EPHEMER™ は、細胞内の抗酸化因子に働きかけることでイブの遺伝子を保護し、肌本来のポテンシャルを引き出すことを可能にします。

 

新原料の開発にあたり、BiotechMarine社は日本において最も有名な海藻のひとつであろうワカメに着目しました。褐藻の仲間であるワカメはユニークな方法により世代交代を行ないます。ワカメは1年の大半において葉の様な形態をとり、成長を続けますが、成熟して夏をむかえるとメカブと呼ばれる部位から遊走子という胞子を放出してその一生を終えます。放出された遊走子は岩場などにたどり着くとやがて雌雄に分かれた配偶体へと成長します。
海藻の卵子もしくは精子の源である配偶体は、ワカメのライフステージにおける始まりの細胞であり生命力に満ち溢れています。

 

ワカメ配偶体は、自然界において1~2週間ほどの短い期間のみ存在しているため、広大な海から配偶体のみを採取して化粧品原料とすることは通常不可能です。新技術CELEBRITY™の完成は「ほんの一瞬で姿を変えてしまう*」貴重なワカメ配偶体を豊富な栄養素を抱えた細胞状態のまま培養して原料化することを可能にしました。
*Ephemer™という製品名は「一瞬、刹那」という意味の英単語から名づけられています。

 

 

細胞の核には父親と母親両方から受け継がれる遺伝子「DNA」が存在しています。一方で、細胞内のミトコンドリアにはDNA と異なる「ミトコンドリアDNA(mDNA)」と呼ばれる遺伝子が存在し、母親からのみ受け継がれる性質から「イブの遺伝子」と呼ばれ、近年注目を集めています。mDNA が損傷すると、ミトコンドリアの機能低下を引き起こし、皮膚老化にも悪影響を及ぼすと考えられています。また、フリーラジカルの発生源に存在するmDNA は常に酸化、損傷のリスクに晒されているにも関わらず、修復機能に乏しいという事が分かっております。そのため、イブの遺伝子を保護することは細胞、皮膚に対する効果的なアンチエイジング手段となり得ます。

 

EPHEMER™の即効性抗酸化効果を確かめるため、老化繊維芽細胞にEPHEMER™0.01%を添加後に細胞内、ミトコンドリア内のフリーラジカル量を測定しました。比較対象にEPHEMER™と同手法で抽出した油溶性ワカメエキス(一般的なワカメの胞子体(葉体)から、
EPHEMER™と同じ方法で抽出したエキス)を用い、コントロールは未処置の老化繊維芽細胞としました。EPHEMER™はわずか60 分で、老化線維芽細胞内およびミトコンドリア内のフリーラジカルを抑制する即効性の抗酸化効果を示しました。特にミトコンドリアにおける効果については、通常のワカメエキスには無いものであり、「イヴの遺伝子」の保護に寄与するものとなっています。

 

 

EPHEMER™を顔に適用した際のアンチエイジング効果について評価するため、平均年齢45歳の被験者25名による56日間のin-vivo試験が実施しました。被験者は、EPHEMER™1%を含む処方と有効性分を含まない処方、計2種類の試験処方を、顔の左右それぞれに1日2回適用するよう指示しました。試験開始時(0日目 )と終了時(56日目)に、AEVA3次元皮膚画像解析システムを用いて皮膚のマイクロレリーフ(微小起伏)および、皮膚表面の粗さに関する分析が行なわれました。

 

 

試験の結果、EPHEMER™ 1%処方は、56日間で皮膚のマイクロレリーフおよび皮膚の粗さを改善し、画像においても皮膚表面がよりキメ細かく滑らかになっていることが確認されました。EPHEMER™は、皮膚本来の活性を高めることによるアンチエイジング効果をもたらし、顔におけるシワの改善、肌表面を滑らかにする効果を示しました。

 

世界初のワカメ配偶体エキスが遺伝子・細胞を酸化から保護、肌本来の活性を強化する原料EPHEMER™にご興味をお持ちいただけた方は、cosme@gsi.co.jpまたは〈お問い合わせページ〉よりお問合せが可能でございます。サンプルや製品資料のお問合せもお待ちしています。

© GSI Creos Corporation