新着情報

HOME » 新着情報 » シナモン由来の天然抗菌成分

お知らせシナモン由来の天然抗菌成分

2020/7/31

世界で最も古くから知られているスパイスの王様シナモン。エジプトでは紀元前4000年頃からミイラの防腐にシナモンを使⽤していた記録もあり、その素晴らしい⾹りと優れた防腐効果により、現在に⾄るまで世界中の国で幅広く活⽤されています。

 

A-Leen Aroma-3は、中国に⽣育するシナモンツリー(Cinnamomum Cassia)の葉および枝から⽔蒸気蒸留によって得られるカシア精油を出発原料とする天然由来のフェニルプロパノールです。フェニルプロパノールは、シナモンの他、ヒアシンスやスイセンなどの花、熟したイチゴの果実などに⾃然に含まれる芳⾹成分であり、化粧品処⽅の防腐に役⽴つ広範囲の抗菌活性を示します。

 

A-Leen Aroma-3の全製造プロセスはグリーンケミストリーの原則に準拠しており、COSMOSとNATRUEの基準を満たしています。また、⾹料アレルゲンがなく、リスト化された防腐剤を含まないため、天然由来成分のみで構成されるナチュラルな化粧品や、防腐剤フリーの化粧品など、防腐に関する制約の多い化粧品にも配合が可能です。

 

さらに、天然由来抗菌成分であるペンチレングリコール(Green Pentanediol®)と組み合わせることで、植物由来の成分のみを使⽤して、より優れた防腐効果を発揮することができます。

 

[最小発育阻止濃度:MIC]

グラフ MIC

別途、Green Pentanediolと組み合わせたチャレンジテスト結果もご用意ございますので、ご興味お持ちいただけた方は、cosme@gsi.co.jp または〈お問い合わせページ〉からお気軽にお問い合わせください。

 

© GSI Creos Corporation