新着情報

HOME » 新着情報 » 外原規適合原料!世界で再注目される和のハーブ「ゴボウ」

お知らせ外原規適合原料!世界で再注目される和のハーブ「ゴボウ」

2020/11/2

 皆さんは化粧品のトレンドに敏感でしょうか?今年も様々なコンセプトの化粧品が発売されています。その中でも、幹細胞やCICA、マスクの肌荒れ予防の化粧品などが注目を集めています。また、日本では化粧品の「機能」に重点を置いた化粧品が人気です。医療機関、皮膚の専門家や医師が監修を行ったドクターズコスメや、美容成分をそのまま原液で肌に塗ることでより高い効果が期待出来る原液美容から分かるように、多くの人々が化粧品の「効果」・「効能」を重要だと考えています。せっかく化粧品を使うのなら効果をしっかり実感したい、と考える方におススメなのが医薬部外品に該当する商品です。医薬部外品とは、厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が配合され、予防や衛生を目的に作られている製品のことです。今回は、その医薬部外品に配合が可能な原料「HerbEx BURDOCK(ハーブイーエックス バーダック)をご紹介いたします。

 

 ゴボウは、日本では日常的に食卓に並ぶポピュラーな根菜として知られますが、 韓国や台湾など一部の国を除き、常食されることはありません。欧米では Burdockの名でハーブとして扱われています。ゴボウは食物繊維が豊富な食材として有名です。近年、善玉菌の生育を助けるプレバイオティクス成分として注目されている、水溶性食物繊維の「イヌリン」を特に豊富に含んでいます。 また、ゴボウはクロロゲン酸などのポリフェノール類を極めて豊富に含んでいることが判明しており、ゴボウの抗酸化力は日本人が食する主要な野菜の中でも最も高いものの一つです。HerbEx Burdock Extractは、 近年再注目されるゴボウの栄養価に着目した水溶性のエキスであり、優れた抗酸化力により紫外線などをはじめとする各種ストレスから肌を保護する効果が期待できるほか、 シミや乾燥などの肌トラブルを改善する効果も期待できます。

 

 酸素は、生物が生きていくために必要不可欠です。酸素が熱などの刺激により、他の物質と反応しやすい不安定な形に変化したものを 「活性酸素」 と呼びます。 活性酸素は他の物質と反応して安定になろうとする性質により、体内のタンパク質や脂質などと反応して、これらを劣化、変質させてしまいます。若く健康な肌では、抗酸化作用のある 「抗酸化酵素」の働きにより、活性酸素の多くは消去=無害化されますが、加齢による抗酸化酵素の減少や、過度な紫外線曝露は、メラニンの増加(シミ)やコラーゲン・エラスチンの減少(シワ、たるみ)をもたらしてしまいます。 図 ゴボウ 作用機序

HerbEx Burdock の抗酸化活性を調べるため、人工的に作られたラジカルであるDPPHに対する消去能を調べました。HerbEx Burdockは用量依存的にDPPHラジカルに対する優れた消去能を示しました。

図 ゴボウ 抗酸化データ

 

優れた抗酸化活性により、酸化が原因の肌トラブル改善に役立つ「HerbEx BURDOCKにご興味をお持ちいただけた方は、cosme@gsi.co.jpまたは、〈お問い合わせページ〉よりお問合せが可能でございます。

© GSI Creos Corporation